Home 債務整理の手引き • ギャンブルで作ってしまった借金でも債務整理は可能?

ギャンブルで作ってしまった借金でも債務整理は可能?

パチンコや競馬といったギャンブルで作ってしまった借金でも、債務整理できるのかどうか気になる方は多いでしょう。

それにできたとしても返済額があまり減らなかったり、利息がカットできなかったりと不都合があるのかも気になるところです。

結論から言いますと、債務整理は可能となっていますが、その方法の中の自己破産ができない仕組みとなっています。

ギャンブルで作った借金がある場合は自己破産のハードルがかなり高くなる

自己破産というものを簡単に説明しますと作った借金を無しにしてしまう方法になります。

しかし、ギャンブルは自分の遊びや道楽のために借りたお金で返せなくなった訳ですから、返済をしなくてもいいようにするといった虫のいい話はないのです。

返済を免除するといった方法はとれないのですが、借金の原因がギャンブルであったとしても自己破産以外の方法を取ることができます。

基本的に自己破産ができてしまうと依存性の高い賭け事ですから、それを繰り返してまた自己破産という事になりかねないのでできなくしているのです。

任意整理であればギャンブルが原因でも債務整理が認められる可能性が高い

では、どのような方法がギャンブルの借金での債務整理で得策かと言いますと任意整理になります。

任意整理は消費者金融などの返済元と話し合いを行い、毎月一定の金額を決めて時間をかけて返済をしていく方法となります。

この時に決めた事は必ず守る必要があり、一度でも返済が遅れてしまうなどしたら強制的に一括返済を求められたリ、裁判を起こされたりします。

しかし、話し合いで返済額や返済ペースを決めますので、自分の収入や家族や生活を考慮しますから無理のない範囲でのペースとなるでしょう。

余裕をもって返済できるように設定されることがほとんどになりますので、任意整理を行うことで返済していけるようになります。

任意整理は分割返済が可能であり、交渉次第によっては一定の期間以上は利息を付けないようにするといったことも可能です。

ギャンブルが原因の借金は弁護士や司法書士に債務整理の依頼をしたほうがいい

このような交渉は自分一人だと難しい場合が多いですし、自分の収入や支出を考えて返済ペースを決める時も専門家の方にアドバイスをもらったり、交渉してもらったりした方が良いでしょう。

また特に大事なのは再びギャンブルをしてしまわないかという問題がありますが、任意整理をしている方の多くは借金を繰り返せない方も多くいまして、専門家に指導してもらい相談することは悪いことではありません。

このように債務整理を行うことは可能になりますが、返済をしなくても良い自己破産をすることは難しく、これから長く返済していく任意整理は話し合いによって可能となります。

Author:saimutebiki