Home 債務整理の手引き • 住宅を手放さずに住宅ローンやカードローンなどの債務整理をする方法

住宅を手放さずに住宅ローンやカードローンなどの債務整理をする方法

借金問題を解決する方法の一つが債務整理です。任意整理や自己破産等の方法を利用して今ある借金を減額、免除する方法です。

これを行う事によって滞納した事で自力では返済する事が出来なくなった借金問題からも解放されます。

カードローンの場合は債務整理をする事は可能です

まず自分の借金の状態、さらに収入から返済能力の有無を考え、どういった方法にするか選びます。

自分で手続きを行う事もできますが、手続きの負担などから弁護士や司法書士を利用する人もいます。

ただ既に今まで債務整理を行った事がある人の場合は、2回目以降はどうしてもこの手続き自体が難しくなっていってしまうので、何度でも利用する事が出来る方法ではありません。

マイホームを残すという点から行くと全ての方法を利用する事が出来る訳ではなく、特定の債務を整理対象から外す事が出来る任意整理や、住宅ローンを対象外と出来る個人再生を選びます。

住宅ローンの場合も債務整理は可能です

しかし、この場合は自己所有の住宅の場合は手放す事になってしまいます。住宅ローンを利用する時は土地や家屋を担保としてお金を借りますが、返済が出来ないという事になると担保となっている物を利用して弁済する事になるからです。

借金問題からは解放されますが、自己所有の家も結果的に手放す事になります。

ただ、債務整理をしてもマイホームを手放す事無く住宅ローンを減額・免除してもらう方法もあります。

それが任意売却です。通常、残債がある状態での家の売却は出来ないのですが、任意売却を利用すればそれが可能になります。

また、売却した後は残った借金を金融機関と相談して返済して行く事になりますが、その時に今まで住んでいた家をリースバックする方法があります。

これは、いったんは不動産会社に家を売却しますが、その後すぐにその不動産会社から家を借りる物です。

また将来的には買戻しをする事が出来るように契約する事もできる為、このように呼ばれています。

この方法ならば、自分の名義となっている家を手放す事無く借金問題を解決する事は可能です。

ただ、任意売却は確かに自分名義の家を残す事が出来る方法となっていますが、確実に金融機関がこの申し出を受けてくれるとは限りません。それは任意整理を行う場合も同様です。

あくまでも債権者の方が自分のプランに同意してくれない限り、自分名義の家を残しつつ、今直面している借金問題を解決する事は難しくなります。

Author:saimutebiki